FIELD土香

FIELD土香とは



1500年の歴史が語り継ぐ「今城焼」

日本書紀によると日本文化の黎明期、福井滋賀地方を治めていた男大迹王は、第26代継体大王(後に天皇称号となる・507年2月〜533年2月)として即位し、その治政の下日本で本格的焼成方法による今城焼の源初が創られました。
大阪府高槻市のFIELD土香に北接している二重の堀を有した通称「今城塚」は、この継体大王の稜と言われています。今城焼FIELD土香は、この素晴らしい陶芸文化が途切れぬよう国内外に発信を続けています。


今城焼窯元 FIELD土香
男大迹窯(おほどがま)工房
〒569-1141 大阪府高槻市氷室町1-15-20
TEL.072-696-7519