FIELD土香

FIELD土香とは

飲食店様をサポートする専門チームと、独自の運営ノウハウの研究。
それらをお客様と共有することで、新たな価値が産まれます。

陶芸家・栄養士・調理師他によるFBA「フードビジネスアシストチーム」の活動

FBAは、所属する経験豊かな陶芸家や栄養士・調理師・看護師がそれぞれの専門知識技能を活用して、器の制作だけにとどまらないサポート以上のサービスを行う「店舗総合アシストチーム」として活動しています。費用は基本的に今城焼陶器をご使用の場合は無料にて活動しています。

場所や業態、オーナーが違えば悩みもそれぞれですが、その多くは
②社員レベルを上げたい
③注目度を高めたい
④商品力を上げたい
と言った悩みに集約されるのではないでしょうか。
FBAはそんな悩みを解決すべく、様々な「仕掛け」を提案します。
現場を診て、様々な角度からヒヤリングを行い、機能性と独創性のあるプランを提案します。
客観的な視点でしか得られない貴店の魅力を伝えカタチにすることで新たな価値観を創造します。

こんな悩み、お店でかかえていませんか?

3000店舗のノウハウで
私達が今まで携わってきた飲食店のオープン、3000店。
その全てに想い出があり、成功事例、失敗事例があります。 その蓄積されたノウハウを元に、皆様のビジネスに役に立てるアドバイスをいたします。

陶芸集団の域を超え、出店前の立地に関するサポートから投下資本や原価率に関する数字に対するアプローチまで、全てご相談ください。


他店との差別化は?
「器」から、全てが始まります
皆様のお店では、どんな器を使用していますか?ネットで価格重視で購入したり全国一律に配布されるカタログで選んでいませんか?まずはそこから変えましょう。 いつもと同じ料理でも「器と盛り付けが変わればお客様が感動し且つ一品100円以上単価が上がる」を実践しています。

毎日、原価率と戦う皆様ですが少し視点を変えて「安く仕入れて原価を抑える」ではなく、「器が生み出す単価アップ」が目に見えて計算できる店のスタッフや経営者になるという発想はいかがでしょうか。 そこに原価率を下げる努力をプラスすれば、さらにお店に利益が残ります。

今城焼は、大阪府高槻地方で1500年以上続く陶芸文化。日本書紀に登場する第26代継体天皇(507年2月〜)の時代から続く伝統的な陶芸の故郷と言えます。 FIELD土香はその伝統がこれからも途切れぬよう、国内外問わず幅広く「食」を通じた普及活動を積極展開しています。そんなストーリー性のある器を使うことで、他店との差別化を必ず図れると確信しています。


盛り付けがうまくいかない…
器のオリジナル制作+料理の盛り付け実技指導まで行います
独自性を追求しすぎて、使い勝手の悪い器になっては全く意味がありません。 そこは上記のように私たちがしっかりヒアリングを行い、どうすれば貴店の料理を更に魅力的にお客様に提供できるかを提案いたします。

私たちがポイントとしていることは
①現場が器選びや盛り付けに悩まない②盛り付けが早くできる③華やかに見え、感動的④思わず食べたくなる料理と器から感じられる一体感と、提供時のインパクトを与えることが出来る⑤つま等の準備が極端に減らせられ労働改善が進む。
盛り付け指導も行いますが、ここまでお膳立てすることでスタッフの想像力もたかまります。 多くの購入された経営者の方からの感想で、「調理人の定着率が上がって、店舗展開が良くなった」と。



インパクトのある店構えを… 第一印象で「気になる」店に
皆様が頭を悩ませる大きな要因は「外観」ではないでしょうか。設計通りに仕上がってもどこか物足りなさを感じる、そんな気持ちを持ってませんか?そんな時も私達にご相談を。素顔に自信が無ければ、化粧をしてお客様に振りむいてもらえるはずです。

外観・料理・接客が一気通貫し、お客様が「適正価格」と判断されたお店が勝ち残り
ます。 「その他大勢のお店」「認知されないお店」「印象に残らないお店」は間違いなく衰退です。 その為にも、今の状態に少し手入れをして魅力的なオーラを歩く人に認知させましょう。

私達は過去に、殺風景な外観に野菜を飾ることでヘルシーなイメージを定着させたり、アプローチに古い街並みを刻んだレンガを並べることでレトロ感を演出したりと、お店を見て感じた「足りないもの」をプラスしてきました。トイレの壁に言葉を書く、ドアノブを動物のオブジ工にしてみる等、ちょっとしたことで見る人の印象は変化します。


今までにないイベントで感動を
イベント=値引・集客ではない
飲食業界の「イベント」と言えば「オープン」や「周年」が考えられます。しかし、その多くが手詰まり感から「値引き」に走ってしまいがちです。せっかくお店の価値を高めて行こうとしている中で、多くの店舗が「ネタ切れ」状態です。

しかし私達は、器を使った様々なイベントを企画することで、お店や料理に対して興味関心の集まる工夫を提案実践します。
パフォーマンス豊かな器を店に持ち込み行う「陶芸家と料理人の料理対決」等イベントを通して、お店のテーマやこだわりを体感してもらいブランド力アップを生み出します。またお客様からのメッセージを器に柄入れし焼き付けたり、皆さんが直接絵付けする企画や店の器作りは大変好評です。